2006年04月02日

チョコレートダイエットのやり方

方法
@カカオ70%以上のハイカカオチョコレートを用意する
A食前・空腹時に50g/日を分食
B噛まずに舐めて味わう
C間食をチョコに置き換える気持ちで

効用
老化防止・肥満防止・代謝アップ

ポイント
50gは板チョコ半分ぐらい。

チョコの効用A

http://www.kenko60.com/koudoku/diet/016.html

引用です

*チョコレートそのものは高カロリーだが、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え、脂肪が血液中に残るのを防ぐため、結果として体脂肪率は上がりにくくなる。
*チョコレートに含まれるカカオバターは脂肪の吸収率がよいため、同じカロリーのものなら、チョコレートを食べた方が肥満につながりにくい。

*食前にチョコレートを食べると、血糖値がすばやく上昇するので、食欲が抑えられるのも肥満の予防につながる。

*大腸菌や赤痢菌、O−157やサルモネラ菌、胃ガンや胃炎の原因であるピロリ菌や歯周病などに対する殺菌作用も認められている。

*「甘いものを食べると虫歯になる」と言われているのに、実はチョコレートには歯周病予防効果がある。

*チョコレートには集中力や記憶力を高める作用や、疲労回復効果、血圧の上昇を防いだりする作用がある。

またチョコレートファンになっちゃいました。
チョコレートは昔 薬として使われてたらしいし健康効果抜群ですね!

チョコの効用@

http://www.kyu-sapo.com/diet/dietjiten/choco_diet.html
参考に。
(チョコレートダイエットの理論)引用させていただきました。
*2005年8月に発表されたイタリアの研究では、カカオ分50%のチョコを15日間食べつづけたところ、インシュリン抵抗性が改善されたとのこと。
インシュリン抵抗性が改善すると、脂肪細胞に脂肪が溜まりにくくなり、太りにくい身体になるというもの。

*カカオの苦味成分である、デオブロミンが血流を促し、代謝がアップ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。