2006年05月13日

本・雑誌


ダイエットの本って沢山あって
どれを信じていいのか分からなくなる。

でも、流行にのったダイエット法の書籍じゃなくても
一冊一冊にダイエットをやる気にさせる「キーワード」が必ず載っているよね。

読んでみて
自分でも出来そう
リスクがなさそう
ちょっとだけやってみようかな
そんな心が揺れる本と出合えることが大事だと思う。

人が「いい」と思っていたものでも
自分が「つらい」と少しでも思ってしまえば
結局リバウンドにつながったり ダイエットを諦めてしまうことに。
自分にあったダイエット法は自分で探さなきゃ。

信じれば救われる。


さて、
σ(・_・)のよく読む雑誌
↓↓
FYTTE
日経ヘルス
ベーグル

これらは読むだけで「ダイエットのモチベーション」がUPする
雑誌たちだとおもいます。
やる気のないときに書店で立ち読みっていうことが多いですσ(・_・)

後もっている本はこちら↓↓




DVDこそついていないけれど
カラーで読みやすく、ヨガ初心者にはやさしい本だと思います。
これを一通り覚えたら次の本・DVDを探してみる予定♪


なぜかダイエットがうまくいく人の習慣


なぜかダイエットがうまくいく人の習慣
内容は
ダイエットの方法ではなく、
ダイエットを成功させる為の「気持ち


作者のダイエットの実体験や
リバウンドを繰り返す人・ダイエットの成功しない人のカウンセリング体験を通して、
「ダイエットのする人の大切な心」
について書かれてあります。

ポジティブに物事を考える大切さ、
ネガティブな女性がどれだけ魅力がないか、
この本で納得できました。

私が現在行っている
・ご飯を 朝>夜 のバランスで食べる。
・間食を我慢する
といったダイエットを一部否定しているところがあったので
この本をすべて鵜呑みにしようとは思いませんが
「意気込み」に関する面でいろいろ自分を振りかえることができました。



ユーのメモ
・食べたいものをテーブルに並べてから食べる
 →味覚に満足できないと自然と量を食べてしまう為、
 食べるものをはじめに決定する。

・間食したくなったら次の食事の予定を考える
 「今急いで食べる必要はないじゃないか」 
・食事をとる雰囲気作り
 食事をおいしくするには視覚も大切。
 視覚の面でも満足感を得ると腹も満たされる。
 忙しい時に食べると早食い⇔リラックスして食べるとゆっくり満足
 レストランみたいに皿などにこだわるのも吉♪

・感情は自分の考えが作り出すもの
 自分の感情は自分の考え方次第。
 考え方を変えればマイナスもプラスに変わる。

・スクラップブックに夢の世界を作る
・気分転換法リストを作る
 間食のときに活用!
・間食がしたくなったら10分の手作業をする。
・運動のあとの「お楽しみ」を用意する。

ラベル:ヨガの本 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。